ハズクのブログ

遊戯王について発信していく予定です

【遊戯王】D-HERO解説《エド・フェニックス》

こんにちは。ハズクです。

 

今回はD-HEROについて解説したいと思います。

 

最後にD-HEROの使用者エド・フェニックスのセリフなどを載せているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

※注意※

2021年1月からこのデッキは使用できません。

お気をつけください。

 

使用しているデッキレシピ

f:id:Nyanigation:20211011215337j:plain

 

V・HEROは高くて手が届かなかったため、D-HERO ダイヤモンドガイを多用する動きをメインにしたデッキを組みました。

 

テーマの特徴

遊戯王GXにて、エド・フェニックスが使用したテーマ。

 

ドロー、打点強化、デッキトップ操作、デッキ融合、妨害など、何から何までこなせるオールマイティなテーマです。

 

D-HERO デストロイフェニックスガイが異常に強く、これを一枚立てておくだけで詰まされるデッキもあります。

 

友達と対戦する際は、あまり出さないようにするなどの工夫が必要かもしれません。

 

カード解説

メインモンスター

 

f:id:Nyanigation:20211011231959p:plain

D-HERO ドリルガイ」の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。このカードの攻撃力以下の攻撃力を持つ「D-HERO」モンスター1体を手札から特殊召喚する。

②:このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

f:id:Nyanigation:20211011231950p:plain

①:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの一番上のカードをめくり、それが通常魔法カードだった場合、そのカードを墓地へ送る。違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。この効果で通常魔法カードを墓地へ送った場合、次の自分ターンのメインフェイズに墓地のその通常魔法カードの発動時の効果を発動できる。

 

D-HERO ダイヤモンドガは、デッキトップをめくり、めくったカードが通常魔法カードであれば、次のターンに効果を発動することができます。

 

この効果で適用する魔法カードの効果は、次のターンのメインフェイズならばいつでも発動することができ、コストを払う必要がなく、更に効果を止めることができません

 

あくまで、前のターンに発動したD-HERO ダイヤモンドガイの効果が次のターンまで残っているだけであり、妨害したいならD-HERO ダイヤモンドガイ自体の効果を止めなければいけません。

 

また、名称ターン1*1が付いていないので、墓地に送り蘇生すれば別のモンスターとして扱うため、何度でも効果を使用できます。

 

魔法

 

f:id:Nyanigation:20211011235606p:plain

 

フュージョン・デステニーは、このカード1枚でデッキから素材を落として融合する事ができ、必要な素材を引いていなくても状況に応じて好きな融合モンスターを呼び出す事が出来ます。

このカードを捕食植物ヴェルテ・アナコンダによって落とす事が出来るので、D-HEROは実質的に効果モンスターが2体並びさえすれば初動になるため、デッキを回す上で非常に高い安定感があります。

 

 

エクストラ

 

f:id:Nyanigation:20211011231953p:plain

D-HERO」モンスター×3

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。自分または相手のデッキの上からカードを5枚確認し、好きな順番でデッキの上に戻す。

②:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

③:融合召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地のレベル9以下の「D-HERO」モンスター3体を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。そのモンスターを特殊召喚する。

 

D-HERO ドミネイトガイはデッキトップ5枚を操作できる効果を持っており、D-HERO ダイヤモンドガイと相性がいいです。

 

また、破壊された時に墓地のD-HEROを3体蘇生できるので、D-HERO ドレットガイを蘇生すれば効果により、このターンD-HEROは戦闘・効果で破壊されなくなります。

 

f:id:Nyanigation:20211011231939p:plain

レベル6以上の「HERO」モンスター+「D-HERO」モンスター

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。

②:自分・相手ターンに発動できる。自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。

③:このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D-HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

最強。

 

蘇生効果に自分を含まなければまだ許された。

 

相性の良いカード

 

  1. V・HERO
  2. E・HERO
  3. 聖騎士セット

 

①V・HERO

f:id:Nyanigation:20211012002346p:plain

値段が高く、手が出せませんでしたが入れれば、召喚権を使わずにV・HERO ヴァイオンを立てられるので、確実に安定性が増します。

 

E・HERO

f:id:Nyanigation:20211012003423p:plain

フュージョン・デステニーの発動後は、闇属性のHEROしか特殊召喚できなくなる制約がありますが、E・HEROなら問題ありません。

 

制約に引っかからずに展開することができます。

 

③聖騎士

f:id:Nyanigation:20211012002353p:plain f:id:Nyanigation:20211012003518p:plain

 

戦士族といえばこのセット。

 

HERO専用装備魔法であるフェイバリット・ヒーローがあるので、相性はかなり良いです。

 

アニメでのセリフ・召喚口上など

デュエル中に言うと盛り上がります。

アニメ版のセリフなので、状況に合わせて自由に変換してください。

 

エド

「自分を見失うほど熱くなったら、プロでは負けだ。」

「壊れろ運命!」

「いや駄目だ...。1000倍...1000倍だ...!

人の1000倍やらなければ、僕のような凡才はデュエルで勝てない...!」

「僕はデュエリストだ。コミックスターじゃない。」

「デュエルの力を信じないなら、デュエル番組なんて止めろ!」

 

D-HERO ドレットガイ

今...幽閉されていた新たなD-HEROが解き放たれる!

出でよ!D-HERO ドレットガイ!!

 

攻撃名:プレデター・オブ・ドレットノート

 

D-HERO ドグマガイ

攻撃名:デス・クロニクル

効果名:ライフ・アブソリュート

 

D-HERO Bloo-D

運命を終わらせるには運命の始まりとなったこのカードが相応しい......。

カモン!究極のD-HERO Bloo-D!!

 

3体のD-HEROを生贄に、いでよ!究極のダークヒーロー!Bloo-D!!

 

攻撃名:クラプティー・ブラッド

効果名:ブラッディ・フィアーズ

 

D-HERO Dragoon D-END

攻撃名:アルティメット・D・バースト

破壊効果名:インビンシブル・D

蘇生効果名:リバイブ・D

 

 

 

 

まとめ

今回は、D-HEROについて解説しました。
今後もカードを紹介していくので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

*1:このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できないという表記